Wantedlyでインターンした時の話

最初に断っておきますが、Wantedly に特に恨みはありません。社での経験はかなり有意義なものでしたし、後の大きな選択につながる学びがありました。

諸々の契約が切れたので、少し前に炎上した Wantedlyインターンをしていた頃の話について書きます。

概要

私が Wantedlyインターンをしたのは、2015 年 の 9 月。約一ヶ月間です。既に 3 年が経過していますから、今とはいろいろと違っていると思います。

JOI 夏季セミナーのスライドを公開したところ、awakia さんにメッセージを頂いたのがきっかけです。ちょうど東京で別のインターンがあったので、そのついでにいきなり会社に遊びに行きました。そこで会社を見学して、人事の方と話をしたあと、リードエンジニアと少し立ち話をしてインターンが決まりました。遊びに行ったらインターンが決まっていたので、拍子抜けしたのを覚えています。

やったこと

インフラチームに所属しました。特定のメンターはおらず、チームの一員として他のメンバーと同じように業務をしました。

大きいタスクとしては、Wantedly Visit を Docker に乗せる検証をしたり、Wantedly に登録されている名前に自動でふりがなとローマ字を付ける機能を作ったりしました。当時はまだ大きな Rails アプリケーションを書いたことがなかったので、Wantedly Visit のデカさに絶望しました。Rails を起動するのに数分かかるとか、未知の世界でした。

当時の Wantedly Visit は大きいものの比較的普通の Rails アプリケーションだったので、Docker に乗せるのはそれほど難しくありませんでした。

自動でふりがなとローマ字を付ける機能は、JOI 夏季セミ自然言語処理の知識がついていたのを見込まれてアサインされました。Mecab である程度処理したあと、無限に例外処理をするような実装になりました。山田太郎の場合、Mecab で「やまだ」「たろう」まではわかりますが、「たろう」を「Tarou」ではなく「Taro」に変換しなければなりません。人名をローマ字に変換する場合、このような例外パターンが大量に発生します。Wantedly に登録されている膨大な名前を変換し、おかしな変換結果を目 Grep で探し、見つけたら例外パターンに組み込む、ということをやりました。もし Wantedly の名前のよみやローマ字に変な文字列が入っていたら、私の実装ミスです。

その他、細かなタスクはいくつかありましたが、省略します(忘れました)。

待遇

日給 8000 円の業務委託契約でした。宿代は出せないと言われました。

正直報酬は安かったと思います。社員と同じようにタスクをやりましたし、それなりの働きはできていたと思います。あと、会社が白金台にあるので、飲食店が異常に高く、昼食代が負担になっていました。東工大から来ていた同じチームインターン生と二人で、週の半分は社内でカップ麺を食べていました。

出社時間は決まっていましたが、適当な時間に帰っていいと言われていました。残業の指示をされたことはありませんし、基本的に私は定時で帰るようにしていました。

炎上について

批判記事削除のウォンテッドリー、14時間8,000円でエンジニアインターンを働かせる14時間労働で圧倒的成長togetter.com

上のまとめに書かれていることは概ね真実だと思います。

Wantedly の社員さんはモチベーションが大変高いようで、割と皆遅くまで残って仕事をしています。定時で帰る人をほとんど見かけなかった気がします。その上、Wantedly のエンジニアは優秀だったので、「こんなすごい人たちがまだ残っているのに、自分だけさっさと帰るなんて…」という感情が発生します。結果的に、長時間労働になってしまうインターン生は、間違いなく発生していたと思います(私より先に帰っている人は殆どいませんでした)。

雰囲気に流されて気がついたら 23:00 まで残っていた日もありました。それなりの人数が会社にいました。私は空気を読まないのに慣れている人間だったので、「そろそろ終わろうか」と言われるのを待っていると永遠に帰れないことに気がついて定時で帰るようになりました。

勝手に帰っていいと言われていたとはいえ、最初に口頭で軽く言われただけですし、いざ定時になると誰も帰らないので帰りづらい、というのは間違いなくありました。基本的に社員の方は忙しそうにしていてつかまらないことも多く、大事なことじゃないと声をかけにくくはありました(帰っていいのかというのは間違いなく大事なことなのですが…)。

インターンで来た学生としてではなく、一人のエンジニアとして扱われていたという実感はありましたが、一方で 18 歳の幼子には少し厳しかったと思います(定時の概念とかもよくわかっていなかったので、明示的に帰っていいといわれるものだと思いこんでいました)。当時はプログラミングしてお金を貰えるなんてすごい、というような認識だったので報酬についても特に気になりませんでしたが、今振り返ってみると、当時のスキルでももう少し高い報酬を要求するべきだったと思います。

おわりに

良くも悪くも、インターンを安い戦力として使っている部分はあったと思います。一方で、社員と同じ業務をやることができたのは、大変貴重な経験でした(同じ業務を安い報酬でやらされた、と言う想いもありますが…)。本番DBも触りました。ドキドキしました。

実力的には社員さんにそれほど劣っていなかったとは想いますし、報酬が安いという不満は正直ありました。今同じ待遇であれば、その時点で断ると思います。

社員さんが熱く語っていた上場の夢も叶い、私がいた頃よりはずっと大きな会社になりましたし、いろいろと改善はされていると思います。正直な気持ちをいろいろ書きましたが、今でも Wantedly 社の発展をささやかながら心から願っています。

【ネタバレあり】シンゴジラを見てきたので感想など

一言で言えば、これに尽きる。庵野作品が好きな人なら間違いなく楽しめると思う。

これ以降はガンガンネタバレするので、未視聴の方は注意。

続きを読む

lol な高専カンファに運営として参加しました

運営のはなし

配信およびネットワークの担当でした。

諸般の事情から運営に時間を取ることが出来ず、実行委員の中でも最も仕事をしなかったという自覚がある程度には、最低限の働きしかしませんでした。

もっとも、そうなることは比較的初期の段階でわかっていたので、最低限必要な仕事のみに集中することを意識していました*1

幸いなことに、@mc475_46 が最高に仕事のできる人間だったので、私の仕事は、彼の仕事を確認することとでした。ということなので、配信およびネットワークを提供できたのは @mc475_46 のおかげです。そして、少なからず問題が発生してしまったのは私の責任です。

配信・ネットワークの品質は、決して良い物であったとは言いがたいです。ただ、電気科と都市科の2名で準備したことを考えれば、健闘はできたと思っています。事前準備に問題はありましたが、一度落ちたネットワークを復旧出来たのは、実行委員の中でも私と @mc475_46 のチームだったからでしょう(業務連絡: あれぐらい俺でも復旧できたぞっていう実行委員の方、いたらごめんなさい)。

私は都市科(土木系)なのでよくわからないのですが、一般的な高専生は会場ネットワークの設計を出来たりしないと思います。配信についてもおそらく同様でしょう。その点、私と @mc475_46 は多少知識を持っていたのが幸運でした。

配信・ネットワークチームからの知見共有

無線はダメ

無線はダメです。安定しいる間は良いのですが、問題が発生したときの対応が有線よりも格段に難しくなります。また、有線よりも周りの状況に左右されやすいため、リハーサルでは問題なかったのに本番でのみ問題が発生するということがよく起こります。

DHCP の割当範囲

DHCP で割り当てられる IP アドレスの範囲が、デフォルトでは足りないことがあります。カンファ中に IP アドレスが重複することがあり、DHCP の設定を見直すことで改善できました。

ネットワークは処理能力も大事

準備段階では AP の範囲や電波干渉ばかりを気にしていたのですが、プレゼン発表会場のネットワークはおそらく処理能力が足りていませんでした。使用していた AP は 2 台で、1 台をブース会場Aとプレゼン会場でそれぞれ移動させて使用していたので、ブース会場Bの AP を使用すれば、プレゼン会場の AP を2台にすることも可能でした。

発表の話

今回は趣向を変えてコンクリートについて話しました。高専カンファが実質的に情報系の集まりになっていることに違和感があったため、誰でも楽しめる発表をしたいという思いがありました*2

発表スライドは以下のものを使用しました。作成を始めたのは前日の夜(もしかしたら日付が変わっていたかも)でした。lol な発表にするために、全体的にラノベ風のデザインにしてみましたが、モリサワパスポートがダウンロード製品でないという罠に阻まれたため、やむなくフリーフォントを使っています。

発表は思いの他好評で、懇親会では様々な人から「おもしろかった」と言っていただけました*3

過去に行った似たような内容の発表に、C4K勉強会#2 での 読書感想文をかこう がありますが、このときは「タメになる発表」を意識していたのに対して、今回はより楽しい発表にすることを意識していました。

今後も高専カンファのようなジャンルフリーの勉強会では、IT に関係ない話をしていきたいなと思いました。文章の書き方・測量・交通・音楽理論・卓球など、ネタはいくらでもありますし。

せっかくなので、時間がなくてスライドには書かなかった内容や、twitter で上がっていた疑問への答えなどの補足を幾つか。

鉄筋コンクリート

https://twitter.com/nyousono_sakebi/status/726291382445297665

はい、そのとおりです。

厳密に言えば、引張力に弱くても建物は建ちます。というのも、基本的に建物にかかるのは圧縮力だからです(この辺あんまり詳しくないので間違ってたらごめんなさい)。実際、古代ローマで使用されていた古代のコンクリートには鉄筋が入っておらず、引張力に弱いものでした。

現代では一般的にコンクリートの引張力への弱さを、鉄筋を入れることによって補います。これを鉄筋コンクリートまたは RC と呼びます。ただし、ただの鉄筋だと引っ張ると抜けてしまうことがあり役に立たないので、異形鉄筋とよばれるデコボコのある鉄筋を使います。

コンクリートと酸

コンクリートが酸に弱いことを強調するために「酸をかけると溶ける」と表現しましたが、一般的にこれが問題になることはありません。

しかし、酸というのは意外とどこにでもあるものです。たとえば酸性雨や温泉などによってコンクリートは侵食を受けます。酸性雨によって、鍾乳石のようなつららが生じることもあります。

また、空気中の二酸化炭素によってコンクリートは中性化します。これはコンクリート自体にはさほど問題はありません。ところで、鉄筋コンクリート中の鉄筋は、不動態皮膜と呼ばれる膜に守られることによって錆びにくくなっているのですが、コンクリートの中性化によってこれが破壊されます。不動態皮膜が破壊されると鉄筋にサビが発生し、わずかに体積が増加し、ヒビ割れが発生します。

練混ぜ機

一般的なご家庭には練混ぜ機があるはずなので*4説明不要だとは思いますが、練混ぜ機の写真のあるサイトを挙げておきます。なお、練混ぜ機の形状は様々なので、ご家庭にある練混ぜ機とは形状が異る可能性があります。

傾胴型コンクリート試験用ミキサー C-268

まとめ

途中から運営に入ってきた人からしてみれば、最初期からいるのになぜかほとんど仕事してない謎な人だったと思いますが、ともあれ無事(?)に終えられて良かったです。感想ブログはだいたい読んでます。

一緒に高専カンファレンスを創った実行委員の皆さん、参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました。

*1:とはいえ何事にも例外はつきものです。担当範囲以外にも、頼まれてもいない文章の校正をたくさんやりました。

*2:最初期の実行委員での話の中でも、多学科交流のような企画を提案した記憶があります。

*3:特にGitHub 社の @dice さんとは、発表内容よりもちょっとディープなコンクリートの話ができて楽しかったです。まさか GitHub の方とコンクリートの話で盛り上がる日が来るとは夢にも思いませんでした。

*4:私の家にはありません。

メールアドレスを新しくするためにドメインを買いました

kuro.red と kuro.bule いうドメインを買いました。

色の名前を組み合わせたドメインで、いろいろと面白いことに使えそうです。

ただ、このドメインをとったのは面白そうだからではなくて、メールアドレスを新しくするのに調度良かったからです。

これまでのメールアドレス

これまでは、zakuro@yuzakuro.me というメールアドレスを使っていました。 ですが、私はこのメールアドレスをあまり気に入っていません。

結構長いし、zakuro が 2 つも入っていて冗長です。

もっとも、これは個人用のメールアドレスならよくあることですし、 新しいメールアドレスも思いつかないのでそのまま使っていました。

新しいメールアドレス

今日の朝、突然新しいメールアドレスのアイデアが頭に浮かびました。 そして、そのアイデアを実現できる2つのドメインを取得しました。 kuro.red と kuro.blue です。

新しいメールアドレスは以下です。これまでよりずっと簡潔で覚えやすいものになっています。

  • z@kuro.red (メイン)

  • z@kuro.blue

「ザクロは赤い」とおぼえてください。

メールアドレスのためなら kuro.red だけでよかったのですが、blue を空いていたのでなんとなく取得してしまいました。

kuro.bule の 特に使いみちは思いついていません。とりあえず kuro.red のエイリアスにしておくので、どちらのアドレスからでもメールは届きます。

古いメールアドレスの今後

zakuro@yuzakuro.me は z@kuro.red のエイリアスにしています。

このメールアドレスは、既に多くのサービスに登録してしまっているため、当分の間は維持し続けます。

zakuro@yuzakuro.me はすでにひとつのアカウントではなく、ただのエイリアスになっています。そのため、メールアドレスの維持は無料で行えます。

yuzakuro.me ドメインは 5 月 1 日が更新日なので、とりあえず 1 年は更新します。

なので、zakuro@yuzakuro.me 宛のメールは少なくとも 2017/05/01 までは受け取ることができる予定です。

明石高専は退学しないし起業もしません

数時間前、こんな記事を投稿しました。

yuh.hatenadiary.jp

会社名が April とか、OS の名前が KOSEN とか、KOSEN のアイコンが緑の三角形とか、明らかにネタだとわかるように書いたつもりだったのですが、 この記事の内容を本当だと思う方が続出しました

あらためて宣言しておきますが、この記事はエイプリルフール記事です 明石高専は退学しませんし起業もしません。 ついでに OS もまともに動くようなものは作れていません。

なぜ勘違いされたのか

ネタだと気づいた人を含めて多くの方からは「お前ならやりかねない」と言われました。相当ぶっ飛んだ記事なので誰でもネタだと気づくだろうと思ったのですが、どうやら私はそんなことをやりかねない相当ぶっ飛んだ人間だと思われているらしいです。

よく考えると、私は去年のエイプリルフールにとんでもない投稿をしているわけで、(当時はまだそんなにぶっ飛んだ人間出なかったことを考えると)インパクトはむしろ去年より弱いくらいだったかもしれません。

yuh.hatenadiary.jp

ネタを思いついたのが夕食を食べているときで、投稿するまでには、ロゴの制作を含めて1時間半程度しかかけていません。来年はしっかり計画を練って、よりインパクトのあるネタを考えたいと思います。

ロゴのデータをアップロードしました。煮るなり焼くなりお好きにお使いください。

onedrive.live.com

明石高専を退学して起業します

昨年の今日、明石高専を休学して会津大学を受験します というエントリーを投稿しました。

会津大学には落ちてしまいました。しかし、勇気を出して一歩踏み出したことは無駄ではなかったと確信しています。そして、あれから一年経った今、再び大きな一歩を踏み出すことを決意しました。明石高専を退学して起業します。

起業を決意するまで

会津大学に落ちたからといって、可能性がなくなってしまったわけではありません。もう一度、もう一年挑戦するという選択肢ももちろんありました。

ではなぜそうしなかったのか。それは、一刻もはやく解決したい問題を見つけ、解決するためのアイデアを思いついたからです。

これまで幾度となく思いついてきたアイデアとは違い、そのアイデアは問題を見ると同時に既に頭のなかに存在していたかのようでした。そして、そのアイデアが成功するということを、私は確信していました。

何をやるのか

f:id:zakuro9715:20160401212936p:plain

全く新しいオープンソースの OS である「KOSEN」を開発し、その導入・運用のサポートを行います。

現在、PC に導入する OS の選択肢といえば、主に WindowsOS XGNU/LinuxPlan9 が挙げられます。しかし、OS X 使用できる PC が限定的であり、、GNU/LinuxPlan9 は運用に専門的な知識が必要とされます。Windows を使用するためには高い料金を支払わなければなりません。また、Windows は非常に高価であり、多くの PC を使用する場合にはかなりのコストがかかってしまいます。

KOSEN はオープンソースの OS であり、無償で使用することが可能です。また、必要に応じて有償サポートを受けることも可能なため、専門家が所属していない団体でも容易に導入することが可能です。有償サポートの料金は非常に細かく設定されており、殆どの場合ではコストを Windows の 1/10 以下に抑えることが可能です。

また、KOSEN は 分散型 OS であるため、多くの PC を使用することで非常に効率よく動作します。ですが、単一の PC での効率が悪いということではありません。単一 PC 上での仕様でも、問題なく所定の性能を発揮します。

KOSEN は現在アルファ版であり、一般公開はしていません。2016年5月を目処にベータ版バイナリの配布およびソースコードの公開を行い、正式なリリースは2017年1月を予定しています。

さいごに

起業を決意するまでの経緯および KOSEN の概要については以上です。

最後に社名についてですが、「株式会社 April」とする予定です。

f:id:zakuro9715:20160401215328p:plain

なお、今後の私の本当の動向については、以下の記事に記載しています。最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

yuh.hatenadiary.jp

さいごに、ほしい物リストを貼っておきます。なにか送ってもらえると嬉しいです。

www.amazon.co.jp

明石高専を休学して会津大学を受験します(Part 2)

ここまでの経緯は 明石高専を休学して会津大学を受験します

現状

会津大学に落ちました。

来年度分の休学届を提出しました。

落ちた原因は、勉強時間足りてないとか無計画すぎたとか倍率上がりすぎとか数学難化とかいろいろあるんですが、詳しくは書かないことにします。

来年度の予定

お仕事

調子のいい時は余裕をもって入れたつもりの仕事が、調子の出ない時に捌けないということが多々あったので、2/3 くらいに割合を減らす予定です。

趣味プログラミング

いろいろやりたいことはあるので、いろいろやる予定。ちゃんと完成させたい。

その他作る系趣味

3DCG と DTM は定期的にやるようにしたいなーとは思ってます。

勉強

受験のためって考えてもモチベーションが上がらないことがわかったので、高校の範囲を中心に数学の基礎を学ぶつもりでやっていきたいです。英語は、受験の範囲は問題ないはずですが issue とかフォーラムとかの英語を読むのはまだ時間がかかるので、それをスラスラ読めるくらいにはなりたいです。

その他

定期的にお金が入るようになってから金遣いが荒くなってしまったので、もっとお金を大切にしたいです。n 万円(0 <= n <= 2)の買い物を躊躇せずにするようになってしまって、本当にヤバいです。ちょっとでもいいなって思う本をみつけると、ほしい物リストに追加するのではなく即購入するようになってしまったので、本を読むペースより積まれるペースのほうが早いです。ガルパンのために n 万円くらい使ったと思います。

真面目な話

これでめでたく浪人生となったわけですが、技術を持っていることの強みを感じずにはいられません。私がプログラミングと出会っていなかったとしましょう。学校では留年すれすれだったような人間です。そんな人間が突然学校を飛び出して受験するというのはかなり無謀です。

私が(ある程度)気軽に休学し、受験し、浪人できるのは、「最悪何かあってもどこかに就職させてもらえるだろう」そんな確信があるからにほかなりません。

私にとってプログラミングは、粗骨材と細骨材をセメントで固めたコンクリートで作った土台のようなものです。その上に、不安定な粗骨材を積み上げてゆき、何かの拍子にそれが崩れてしまったとしても、土台までもが崩れてしまうことは無いでしょう。ひび割れは生じるかもしれませんが。そして、もし上手く粗骨材を積み上げることができたなら、細骨材を隙間に詰め、セメントで接着させることで新たな土台として活躍してくれるでしょう。

なお、この喩えは実際のコンクリートの製造過程とは異なります。ご了承ください。実際にこのような方法で製造されたコンクリートは、十分な強度をもたない非常に脆弱なコンクリートになり危険です。