fcitxで日本語入力

OSをDebianに変えてしばらく経ちましたが、ようやく日本語入力ができるようになりました。

今回は、iBusではなく、Ubuntu14.04日本語Remixでも採用されたfcitxを使用します。

環境

Debian Wheezy

1. まず、im-configをインストールします。もしかしたら最初から入っているかもしれません

$ sudo aptitude install im-config

2. 次に、fcitx関連のパッケージをいくつかインストールします。

$ sudo aptitude install fcitx fcitx-mozc 

$ sudo aptitude install fcitx-config-gtk fcitx-config-gtk2 fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 mozc-utils-gui

3. im-configの設定をします。下記コマンドを実行すると別のウィンドウが立ち上がるので、説明に従ってfcitxを有効にします。

$ im-config -c

3. 一旦ログアウトして再ログインします。fcitxが有効になっていると思います。

ただし、自分の場合はやや挙動がおかしかったので、再起動しました。

 

問題点

  • 私はキーボードレイアウトをDvorakにしていますが、日本語入力にするとレイアウトがqwertyになる(ただし、もともとソースコードなどの英語はDvorakで、日本語はqwertyで打つ環境にしたかったため、むしろ私にとっては都合が良い)。
  • 全角英数字が表示されない(たぶんfcitx関係無いですね。フォントの問題っぽいです)

 

参考