楽園追放を見てきた

それほどひどいネタバレは無いと思うけど、なにも気にせず書いているので全体的にネタバレ注意

ひとこと

カメラワークが神

感想とか

まあ安定して面白かったと思う。

一切の予備知識を入れずに見に行ったので、3Dアニメだとは知らなかった。冒頭の波で「これ3Dかな」と思い、人物の描画が入った時に3Dであることを確信した。確認してないのでわからないけど、見た感じではたぶん全編3Dアニメだったはず。

アンジェラちゃんの胸とか尻がどうこう言っている層が一定数いるようですが、それについてはよくわからん。ハリウッドの映画が何故か必ずキスシーンを入れるように、この手のアニメは美少女だとか胸だとか、その手の要素を必ず入れてくる気がする。どちらも好きではない(嫌いである)。

ただ、必要以上に強調してきて若干不快であったがこれは作品の悪いところというわけではなくて、単純に好き嫌いの問題。

ストーリーもまあ良い。が、ちょっと展開が急だったんじゃないかと思わなくもなかった。一旦帰還し、破壊の命令を言い渡されたところであれほどフロンティアセッターをかばうほどのなにかが合ったようには見えなかったので、少々戸惑った。

戦闘シーンは鳥肌モノで、これは3Dだからこそだったと思う。冒頭にも書いたが、特にカメラワークは神の領域であった。ただ、動きすぎて若干酔いそうだった。それを良い音楽が更に引き立て、演出もよく、最高だった。

やや過剰では合った気がするが、表情も良く出来ていた。

まとめ

それなりに良い作品だったと思うが、私の好みからやや外れていたので巷で言われているほどのものだとは思わなかった。

そもそも私は〇〇ちゃんかわいい、というようなことを楽しむアニメはあまり好きではないのだった。かわいいのは好きだが、それを全面的に押し出されるのはあまり好きではない。

が、こういう作品が好みの人にとっては最高の作品だったのではないだろうか。