RUPC2015 day3 参加記

6時起床。とても眠い。

9時過ぎに到着。集合時刻を超えているのに半分くらいしか人がいない。

チーム編成。@yokit9さんと@zxcv_13kさんとチームに。

なぜか*1、また@zxcv_13kさんと同じチームになったので、隣にいたチームの@startcppさんととスワップ

チーム名はday2がhopping_heartsだったので、hopping_mindに。

競技開始。

私がAを、@startcppさんがBを、@yokit9さんがCを読む。

解けそうだったので書く。=> AC

その間にBとCの担当が交代していた?らしく、@yokit9さんがBを書く。

@startcppさんはCを考えていたので、私はとりあえずDを読む。

思いつかないでいると、B問題がなんか詰まっているらしいので三人で相談する。解決?提出 => *AC**

@startcppさんがCの実装。

Dを考えていると、ワーシャルフロイドで全点間最短経路してからdp[拾った郵便物][届けた郵便物][点]でDPとかできそうとか思いつく。

@yokit9さんからEの解放の提案。問題無いと思うが、これライブラリ無しでかくの無理そう。

Cを書き始めて間もなく、Cの実装が重そうだったので先にDを書くことにする。

DP部分で詰まる。Cに交代。

Dを詰める。この辺りで長時間それぞれが違うことをしていたのでCのバグに気づかず。

DP部分の考察もだいたい終わったので、Cの様子を見る。誤読が発覚

とりあえず私がCを修正する。サンプル通らず。

Cを印刷に回して今度はDを書く。サンプル通らず。DPに穴が結構あるっぽい。修正。@yokit9さんがCの修正。@startcppさんがHを考える。

Cで一箇所ミスが発覚したので修正。サンプル通らず。C諦め。Hはどうやらやるだけっぽい。

最後20分くらいで、Dのバグ取りをするかHを通すか迷う。現実的なのは後者だが、やるだけを通しても面白く無いということでD頑張る。

一分前くらいにミスを修正。コンパイル通らず。終了。(あとでコンパイルを通したがサンプル通らず)。

解説聞いて、写真とって終了。お疲れ様でした。

まとめ

完全に実装力不足。コーダーがいなかった。

Dが嘘解放だったかどうかは微妙だけど(多分通ると思うんだけど)、ジャッジ解のほうがはるかにシンプルだった。状態のDijkstraおもしろいと思った。

RUPC初参加でしたがとても楽しかったです!

*1:day1に同じチームで、day2でも同じチームになったので隣にいたチームの人とスワップした。名札のストラップの色が少数派の黄色なので、まとめて取られることが多いからかもしれない